特定非営利活動法人 日本環境土木工業会 www.npo-nikkankou.or.jp
HOME  サイトマップ
新着情報
ごあいさつ
活動紹介
活動紹介
NPO日環工事務局だより
活動実績
県支部活動状況
会員名簿
定款
推奨工法
LINK


NPO日環工事務局だより 第4号
発行 : 平成16年1月1日
「年頭挨拶」
「優良図書紹介」
NPO法人愛環技

 「年頭挨拶」
理事長 高橋房雄

イメージ
 新しい年を迎え、ご清祥にお過ごしのことと存じます。

 さて、初日の出の輝きに接する時、私たちは、言葉にできない感動を覚えます。これは億年単位の時空に接することができる、数少ない機会だからではないでしょうか。普段は昨日のこと明日のことを思い煩い、画策して気持ちが不安定に揺れ動いていて、平静な感覚が働かないからでしょう。私たちが宇宙の子になる一瞬かもしれません。

 昨年、静岡大学理学部生物地球環境科学科教授の加藤憲二博士に、面白い話を伺うことができました。それは生命の起源についての壮大なお話しです。
 生命の起源は37億年に遡れるという加藤博士は「楽しい温泉研究です」と話しておられますが、その温泉は、地中深くから噴出する240℃からの熱水のお話しで、その噴出口に微生物が棲んでいる、そしてその微生物たちが、私たち生命の起源であるというのです。つまり今から37億年前の地球は、地表至るところに熱水が噴出していて、そこに生命が誕生したと考えられる、と話されるのです。

 加藤博士は、沖縄沖の深海やアメリカ、ニュージランドなど太平洋を大きく取り巻く範囲で国際的な規模で研究を続けておられます。昨年TBSより放映れた地球自然遺産シリーズ『イエローストーン』の監修もされたり、最近は自然科学界の世界的な権威雑誌「NATURE」(ネイチャー)にも登場され、いま最も注目を集めておられる研究者です。

 初日の出に接して覚える感動は、実は延々と受け継がれてきた私たちの身体を形作っている、数知れない細胞の記憶によるものなのかもしれません。その宇宙的なスケールの中で生かされてきた人間が、産業革命以来、ほんの束の間の活動で自然を破壊して、地球温暖化など計り知れない影響を出現させてしまいました。

 今こそ、私たちは環境をこれ以上悪化させない仕事の仕方を身につけ、改善し保全することを仕事としていかなければなりません。そうした生き方の中に、私たちの明日があるように思われますが如何でしょうか。

 本年もNPO法人日本環境土木工業会をよろしくお願いいたします。

                                    ご発展を祈りつつ。
 2004年元旦

PageTOP

 「優良図書紹介」

◎加藤三郎顧問(NPO法人環境文明21代表・元環境庁初代地球環境部長)
イメージ 日本再生の分かれ道。日本人は悟るべきだ!new
加藤三郎著 ごま書房、2003年、定価本体1,300 円+税

 日本は今、「分かれ道」にさしかかり、右に行くべきか、左に行くべきか、行き悩んでいるのです。右に行けば二十世紀型の経済成長追求ルート、左に行けば環境と人間社会と経済とを調和させる持続可能な社会追求ルートです。もとより私は後者のルートを行くべきと思い、それは私たちの意識・価値観が変わり、政治・行政などの社会システムを変えさえすれば可能であると信じます。すでに日本の社会では、優良な企業や自治体それにNPOはその方向へ踏み出し、歩き始めた。つまり環境力をバネにして日本の再生に大きく動き出したのです。

イメージ 環境の世紀―政財界のリーダー22 人が語るnew
加藤三郎著 毎日新聞社、2001年、定価本体1,700 円+税

(在庫がわずかになっています。)

 政・財に転換を迫る、ワンウェイ経済の終焉!産業構造まで変革する新社会の到来に政・財はどう立ち向かうのか。日本を牽引する22氏の肉声を記録した、21世紀への提言の書。

※お近くの書店でお求め下さい。

◎安藝忠夫顧問(財団法人経済調査会参与・元会計検査院技術参事官)
イメージ new 「改定5版公共工事と会計検査」2003年

安藝忠夫著

 過去10年間の会計検査指摘事例を、設計、積算、施工などを分類して整理し検査の視点・判断基準などを実務ベースで解説したものです。

内容
第1 章公共工事の過去10 年間の指摘事例
第2 章事態別指摘事項
第3 章会計検査院の概要
第4 章平成13 年度検査結果
発刊: 財団法人経済調査会

A5 版688頁 定価6,000 円(本体5,715 円+税)

※ご購入ご希望の方は、事務局でも取扱をいたします。

PageTOP

 NPO法人愛環技(愛知県支部)

 1月14日or15日に第二東名の矢作川に掛かる橋の見学会を道路公団の案内で計画中です。支柱の高さは109.6mでわが国最大のコンクリート製で、矢作川への影響を最小限とするためスパンの長大化を図り、最大支柱間235m橋長820mは、波形鋼板ウェブ゙PC 橋としては世界最大です。

PageTOP

発行元 : NPO法人 日本環境土木工業会
   東京都千代田区鍛冶町2-9-17 柴崎ビル3F
   TEL.03-5295-0207 / FAX.03-5296-9116
   Email info@npo-nikkankou.or.jp
   発行責任者 : 中江 聰


All Rights Reserved. © 2003 NPO 法人日本環境土木工業会