特定非営利活動法人 日本環境土木工業会 www.npo-nikkankou.or.jp
HOME  サイトマップ
新着情報
ごあいさつ
ごあいさつ
顧問の紹介
活動紹介
会報 「みどりの風」
NPO日環工事務局だより
活動実績
県支部活動状況
会員名簿
定款
推奨工法
LINK

ごあいさつ
ごあいさつ

淡路農業塾は、淡路島の中央部に位置します。もちろん「島」ですから、海と山の両方をあわせもっています。

京阪神に近いという利点をもちながら、旧態依然の環境下におかれ、私達の地域も、
農業従事者の高齢化と農業後継者不足によって耕作放棄地の増加。他者への耕作委託が年々多く
なり
、人口減少に歯止めがかからない状況です。地域における共同作業も著しい減少傾向にあります。農業の集約化による効率アップもなかなか進んでおりません。多額の農業機械の購入も、将来の
ことを考えると躊躇するのが現状です。こうした負の連鎖が、生活の不便さとあいまって、より農村を
魅力ないものとしています。農業ってそんなに魅力がないものでしょうか?
日々の農作物作物の生長を見、汗を流した分だけ、農作物の成長は、その答えを出してくれます。
何よりも、汗を流し、それを食することほど『旨い』ものはありません。こんなに『「旨い』自分が育てた
作物を、知人・友人・お世話になった方々におすそ分けする。その気持ちほど尊いことはないであろう。と考えます。そこには『あなたに「旨い」といってもらいたい』の感情の表現があります。

さらに、この農村プロジェクトに御参加頂くみなさまには、普段の生活では味わえない、ゆったりしたした
静かな時間と所有するスペースの広さを実感いただけると思います。田舎の空気・光・音・時間・移り行く景観を回顧とともに体感することは心的豊かさや、精神安定に帰することを約束します。

現在、自治体を中心に都会からの移住を促進する策が様々にうたれています。しかしながら、人口密集地域の「利便さ」には田舎地域はとてもおよびません。核家族する現在においては「田舎家屋」も
その例外ではなく、無駄に大きく、広いだけで、機能的には作られてはおりません。でも何十年前までは、皆こうした家屋での生活でした。この場所を休憩場所や食事場所として活用することも、前述同様
その回顧と心の豊かさの創造の場所として、新しい感覚の場所として様々に利用していただきたいと
考えております。

賛助会員のみなさまには、ご自身の夢や精神の安定・子供達の豊かな感性や普遍の人間身育成の場としての利用をお願いします。こうした当NOP 淡路農業塾への参加は、私達の地域の活性につながることは間違いないことであると信じております。

NPO法人 淡路農業塾  理事長  板野良信
目的 この法人は、農業耕作放棄地の増加、農業継者不足による農疎化に対して、農業事業の協同化、生産物の消費者への直接販売事業を行い、農村の活性化、更なる耕作放棄地の抑制、農村人口の減少の歯止めに寄与することを目的とする。
特定非営利活動の種類 (1) 環境の保全を図る活動
(2) 地域安全活動
(3) 災害救援活動
(4) 経済活動の活性化を図る活動
(5) 前号に揚げる活動を行う団体の運営又は
   活動に関する連絡、助言又は援助の活動
事業 (1) 研修交流事業
(2) 情報収集提供事業
(3) 災害復旧と調査活動
(4) 環境に優しい技術・工法・資材の推奨事業
(5) 環境土木関連団体の経営指導
(6) その他この法人の目的を達成するために
   必要な事業

PageTOP

顧問の紹介
佐藤好宏

王子インターパック株式会社 シニア・アドバイザー

元 王子インターパック株式会社 代表取締役
元 日本環境土木工業会副会長
佐藤義之

藤原孝喜

株式会社富士建 取締役会長

元 NPO法人日本環境土木工業会副理事長
藤原孝喜

PageTOP

All Rights Reserved. © 2003 NPO 法人日本環境土木工業会